統括責任者より〜ご挨拶〜

この度、産学官民の垣根を超えて、合志市総合健康センター「ユーパレス弁天」の施設運営及び維持管理を担当させていただく、統括責任者の鈴木でございます(株式会社アスクメンテナンス・営業本部長)。

今回、「ユーパレス弁天」のファンの1人として、100年先を見越したビジョンに基づき、「健康寿命が延び、幸福度が高まる地域を目指す」拠点施設としての存在意義、ひいては持続可能な公的サービスの在り方(熊本モデル・合志市モデル)を含め、未来に向けたグランドデザインをご提案するチャンスを頂き、大変光栄に思います。

まずは、地域の皆さまと共に、「公衆衛生」、特に「いかに健康に生活できる期間をのばすか」という観点から、「地域の幸せづくり」に繋がるよう、「健康寿命をのばす」ことを意識して、施設の有効活用を探求し、地域の健康文化の増進等を通じて地域社会に寄与貢献したく、スタッフ一同、全力で取り組ませていただきます。

また、地域コミュニティを「つなぐ」施設として、「地域を元気に!人を幸せに!」をテーマに、コロナ禍だからこそ地域社会における公共施設の役割があると確信しております。

取り急ぎ、地域の皆さまに向けて、我々の「ユーパレス弁天プロジェクト」に対する「思い(情熱)」・「ミッション(目的)」・「ビジョン(方向性)」をお伝えさせていただき、ご挨拶とさせていただきます。

 

合志市総合健康センター ユーパレス弁天

統括責任者 鈴木隆之

TOP