『大きな「鯉のぼり」を館内展示しております』

5月5日に向けて、大きな「鯉のぼり」をユーパレス弁天の

1階ホールに展示しております。

鯉のぼりは、日本独自の伝統文化であり、時は奈良時代、春から夏に

切り替わる時期に季節の変化から体調を崩すことがあり、

当時、病気は邪気によるものと考えられていたため、

端午の節句に邪気払いとして、菖蒲(しょうぶ)を入れたお風呂に入って

無病息災を願っていました。

 

その後、武家文化となり、「しょうぶ=勝負・尚武」を連想させたため、

次第に男の子の元気な成長や、立身出世を願うための行事となりました。

例えば、将軍家に子供が生まれた際などに、端午の節句に「幟(のぼり)」を

掲げるようになり、次第に武家では「吹き流し」に変化しました。

 

その後、平穏な江戸時代に民間文化が花咲き、次の中国の伝承を参考に「鯉のぼり」

が考案され、掲げられるようになりました。

「黄河の上流に、とても高く流れの早い滝(龍門)があった。

その水の流れにあらがって滝を登った鯉は龍となり、天を舞った」

なお、その伝承に基づき、現在も「登竜門」という言葉が残されております。

 

ユーパレス弁天では、弁天GO!GO!祭をはじめ、GWイベント企画が盛り沢山です。

イベント湯(菖蒲湯)もございます。

是非、ご来館ください。

TOP