『“よしず”(日除け)を歩行浴に新たに設置しました〜月下の弁天湯〜』

5月になり、いよいよ「本日天気晴朗なれど日強し?」とも言えるほど、

快晴の日が続いております。

そのような中、お客様(女性の方)の声として、

歩行浴を利用する際、日中の日焼けが気になるので、

“よしず”を側面にも設置してもらえないか?等々のご要望をいただきました。

早速、スタッフと打合せ、少しでも早く設置すべく、深夜作業を行い、設置等を行いました。

 

深夜作業中、ふと天を仰ぎ見て、露天岩風呂等を眺めたところ、

まさしく「月下の弁天湯」であり、

月光浴の健康効果等のお話しを思い起こしました。

いにしえの時代より「陰陽説」では、太陽は「陽」・月は「陰」と定義され、

太陽のもつ陽のエネルギー人の心を明るく活発にさせ、

月のもつ陰のエネルギーは人の心を穏やかにさせると言われてました。

月光浴には、リラックス効果の他、様々な効果があると言われ、

西洋のカレンダーでは、満月の日は「サクセスムーン」とも呼ばれ、

モチベーションアップ等に活用されております。

 

また、月光浴は世界三大美女のエジプトのクレオパトラも

美容と健康に取り入れていたのは有名なお話で、

月の満ち欠けのサイクルと人体に及ぼす影響などは、

今後の科学的な研究の成果が楽しみです。

 

よく言われるのは、日光浴のみならず月光浴にも

脳内物質である「セロトニン」が分泌され、この物質は

別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、不足するとイライラしたり、

睡眠の質が落ちたり、ひどくなると「うつ」になるとも言われております。

 

この脳内物質は、「ウォーキング」によっても分泌されるので、

月下の弁天湯(露天岩風呂)と、歩行浴の組み合わせは、

地域の皆さまの「健幸づくり」には最適です。

是非、ご利用ください。

TOP